今、人気のタグから探す

週間ランキング

1

大磯陸上・スプリントスクール低学年クラス開校 体験会を行います!

2

ヴェルディS S小山リニューアル

3

U-13県リーグ

4

【クラブ】新一年生クラブ説明会開催!

5

1月20日大磯クラスのトレーニング内容

6

【イベント】節分イベント開催決定!

7

大磯・小田原陸上スプリントスクール 大磯・小田原校体験者募集!

8

ハンドボールスクール「多摩ハンドボールアカデミー」開校!!...

9

1月8日の大磯クラスのトレーニング「前に体を送り出すことを...

10

湘南GKプロジェクト 茅ヶ崎・小田原校 2月-3月の体験者募集

ゴールキーパーGKの優れたDF裏対応における3つのメリットとは?

ショウ

  • GK

2017年11月11日投稿

DF裏に対応できる重要性とは!? 

 
近年のサッカーでは、
DF裏の対応もゴールキーパーGKにとって重要な仕事の1つとされていますね。 
 
その一方で、「判断が難しい」「なかなか出れない」と悩む選手も少なくないです。 
 
第一、DF裏の対応をゴールキーパーGKが上手く担うことで、
どういったメリットがあるのでしょうか? 
 
主に上げられるメリットとしては、以下の3つが考えられるでしょう。 
 
1.ピンチを未然に防げる
2.DFラインを上げられる
3.相手にプレッシャーを与えられる 
 
この3つについて、それぞれ説明していきますね。 
 
 
 

1.ピンチを未然に防げる

1つ目については、説明するまでもありませんね。 
 
例えば、スルーパスが通りゴールキーパーGKとの1対1になってしまうような状況などでは、
その前のスルーパスの段階でクリアできれば、
失点率0%にできるわけです。 
 
失点率0%にする方法は、事前に止める他ありませんからね。 
 
とても大きなメリットでしょう。 
 

2.DFラインを上げられる

2つ目については、
一見メリットなのかわからないといる選手がいるかもしれませんが、
フィールドの立場から見れば、かなりのメリットであることがわかるでしょう。 
 
いきなりですが、4対2の「鳥かご」をするとします。 
 
この時、4人のボールを回す側がどれだけ広がってもいいとすると、
ミスでもしないかぎりボールを取るのはほぼ不可能だと思いませんか? 
 
逆に、4人の間隔が2,3歩分ほどに限定すると、
かなり簡単にボールを取ることができるかと思います。 
 
この「鳥かご」と同じことがフィールドでは起こっています。 
 
要は、ラインが低いというのは、スペースが大量にあり、
相手からしてもパスを回すのが楽なわけですね。 
 
逆に、ラインをしっかり上げることができれば、
スペースを最小限にすることで、相手にかなりのプレッシャーを与えられ、
敵陣でボールを取ることがより容易になるわけです。 
 
相手にプレッシャーを与えられることで、
DF裏へのスルーパスもフリーでは蹴りにくくなり、
結果的に精度が下がるわけですね。 
 
MFやFWの選手も、守るべきエリアが狭まるので、
守備で消耗する体力が減少し、
1試合通してのパフォーマンスが落ちにくくなります。 
 
ゴールキーパーGKがDF裏の対応を上手くできることでDFラインを大きく上げることができ、
そのDFラインを上げることが、
結果的にすべての面でチームの守備力向上に繋がるわけです。 
 

3.相手にプレッシャーを与えられる

3つ目については、相手チームの意識面についてです。 
 
普通に考えてもらえればいいのですが、
「相手チームのゴールキーパーGKが、DF裏のスルーパスをことごとくに前に出てクリアし、
そのクリアボールが自分たちのチームのピンチにつながりかねない。」
なんて状況になると、MFやDFの選手達は、容易に裏へのスルーパスを蹴れなくなるわけです。 
 
なぜなら、相手ゴールキーパーGKにクリアされた時点で、
それはミスと変わらないからですね。 
 
チャンスを狙って蹴ったとしても、それをクリアされ、
逆に自分たちのピンチにつながる。 
 
そんなことを連発させたい選手なんてどこにもいないでしょう。 
 
裏には容易に蹴れないからこそ相手は選択肢が狭められて、
自陣内で追い込まれ、こちらとしてはボールを奪いやすくなるわけです。 
 
逆に、どんなスルーパスにもほとんど出ないゴールキーパーGKがいる場合はどうでしょう? 
 
それこそ、とりあえず蹴っとけばチャンスに繋がる可能性が高いのですから、
どんどん蹴られるでしょうね。 
 
低いポジションで追い詰められても、
とりあえずDF裏に蹴っとけばチャンスに繋がるというのは、
敵から見れば相当楽な状況のわけです。 
 
DF裏の対応スキル次第で、
相手チームへのプレッシャーは全く違うものになるわけですね。 
 
最後に今回はかなり長くなってしまいましたので、
このあたりで終えておきます。 
 
ゴールキーパーGKがDF裏に対応できることで、
チームにとってどれだけのメリットになるのかわかっていただけたでしょうか? 
 
これだけのメリットがあるからこそ、
DF裏の対応に優れたゴールキーパーGKはとても重宝されるわけですね。 
 
ここでは話せなかった「DF裏対応の上達のポイント」については、
こちらの記事でお話してありますので、
よければご覧になってみてください。 
 
「チームを支えるゴールキーパーGKに!!ディフェンス裏対応スキル3つの上達ポイント!?」 
 
それでは、ここまでご覧いただき
ありがとうございました。

筆者のプロフィール

    コメント

    おすすめの記事

    パントキックが飛ばないゴールキーパーGKへ!最短の上達法とは!?

    「なんでこんなに練習しているのにパントキックが飛ぶようにならないんだろう?」 「俺も西川選手みたいなパントキック...

    ゴールキーパーGKの成長を大きくサポート!?成長期栄養飲料...

    # 身長の高いゴールキーパーGKの威圧感 ゴールキーパーGKを務める選手にとって、 身長は気にするポイント...

    1月8日の大磯クラスのトレーニング「前に体を送り出すことを...

    最近、走りにつなげるドリルの動きが良くなってきました!! そのため、体の使い方が上手くなってきたので次はそれを走...

    ハンドボールスクール「多摩ハンドボールアカデミー」開校!!...

    初めまして。 この度、多摩センターにてハンドボールスクール「多摩ハンドボールアカデミー」を設立させて頂くこと...

    大磯陸上・スプリントスクール低学年クラス開校 体験会を行います!

    こんにちは。 大磯陸上・スプリントスクールです。 現在、高学年クラスは開校しておりましたが、4月に大磯...

    週間ランキング

    1

    大磯陸上・スプリントスクール低学年クラス開校 体験会を行います!

    2

    ヴェルディS S小山リニューアル

    3

    U-13県リーグ

    4

    【クラブ】新一年生クラブ説明会開催!

    5

    1月20日大磯クラスのトレーニング内容

    6

    【イベント】節分イベント開催決定!

    7

    大磯・小田原陸上スプリントスクール 大磯・小...

    8

    ハンドボールスクール「多摩ハンドボールアカデ...

    9

    1月8日の大磯クラスのトレーニング「前に体を...

    10

    湘南GKプロジェクト 茅ヶ崎・小田原校 2月...

    おすすめ記事

    パントキックが飛ばないゴールキーパーGKへ!最短の上達法とは!?

    ゴールキーパーGKの成長を大きくサポート!?成長期栄養飲料...

    1月8日の大磯クラスのトレーニング「前に体を送り出すことを...

    ハンドボールスクール「多摩ハンドボールアカデミー」開校!!...

    大磯陸上・スプリントスクール低学年クラス開校 体験会を行います!

    Wiftサービス一覧

    • Wift Blog

      サッカー専門ブログ作成サービス

    • Wift Training

      練習メニュー動画配信サービス