小田原陸上スプリントスクール チューブトレーニング 挟み込み

 
 
本日は動きながら正しい走り方のトレーニングと、姿勢を動きながら改善させる練習を行いました! 
 
まず走る時に小学生は体が倒れてしまい足が流れて走ってしまうことが多いです。
一生懸命走るというと腕振りを前後に一生懸命振ったり、早く体を進ませたい!ということで体が自然に倒れてしまう子もいます。 
 
なのでしっかり使うべき筋肉や体の使い方を動きながら覚えてもらえるように練習をしました。 
 
①チューブで体を軽くするトレーニングを行い、脳に開放感を与える練習を行いました。 
 
②チューブを使い、横歩きでお尻を使うトレーニングを行いました。
この時に膝が曲がってしまったりしてお尻が使えない子もいるので動かし方のレクチャーをします。 
 
③マークを使い、挟み込みという走りにとても大切な空中で足を入れ替える練習をおこない形とお尻を使うということを意識してもらいました。 
 
④スキップなどで姿勢の改善を行いそのままのスピードで走れるように練習をします。 
 
こう言ったトレーニングを行ってお尻を意識しつつ走れるようになればよいなと思いますのでひたすら反復をし走りに繋げられたらなと思います。

banner
banner
banner

お問い合わせ

陸上スクールへのお問い合わせはこちらまでお願い致します。