バルシューレ多摩センター校!!

こんにちは。バルシューレ多摩センター校の高田と申します。
今回、東京都多摩市の多摩センターにて遊びを科学したドイツ生まれのボール教室「バルシューレ」を開講させて頂くことになりました。 
 
まず、バルシューレとは何か。 
 
以下、バルシューレジャパンからの引用になります。 
 
「バルシューレ」とは直訳すると「ボールスクール」(Ball school)、子どものボールゲーム教室のことで、その運動プログラムはドイツ・ハイデルベルク大学スポーツ科学研究所で開発されました。現在、子どもたちの外遊びが激減し、オールラウンドな体力・運動能力を身につける機会がめっきり少なくなってきているなか、ドイツ・ハイデルベルク大学スポーツ科学研究所が開発したバルシューレ運動プログラムは、種目横断的な子ども用ボールゲーム指導プログラムとして注目を集めています。“Ballschule” の運動プログラムは、バレーボール、サッカー、テニスといった個別種目の学習に入る前にすべてのボールゲームに共通する、最大公約数的な基本要素をプレイしながら身につけることができるよう工夫されており、さまざまなボールゲームの基礎技能がオールラウンドに習得できるようにつくられています。例えば、”Ballschule” の指導プログラムに「敵の穴を見つけよう」「飛んでくるボールのところに走りこもう」というものがあります。これらは単に走る、捕る、蹴る、投げるといった技能だけを身につけるのではなく、判断力、空間把握能力を養うプログラムでもあります。刻々と変化する状況の中で、周りの状況を把握、判断し、その判断に従い自分の身体を動かす、”Ballschule” にはそのような特徴があります。
(バルシューレジャパン)引用  
 
また、バルシューレの認定資格を持った指導者は、技術指導をせず、ゲームの中で「どうやったらうまくやれるか」を子供達自身に考えさせ、自発的に探究していく環境作りを行います。 
 
子ども達が夢中になって体を動かす過程で“基礎運動能力”と“自発性”を高める。これが、バルシューレに取り組む目的です。 
 
昨今、より早い年齢から、より高度な指導を受けることがよいことだというような風潮がありますが、それでは、子供たちは疲弊してしまうでしょう。 
 
好きこそものの上手なれ 
 
という言葉があるように、まずは「好き」があらゆるものの土台にあるべき、好きになるためには楽しくなければならないのです。 
 
そして、楽しいからこそ自発的になり、自発的になるからこそ、様々な学びがあります。 
 
ドイツにおける膨大な研究の上に成り立つ教育プログラムであるバルシューレを体験してみませんか。 
 
皆様のご参加お待ちしております。 
 
バルシューレ多摩校 代表 髙田有人

ムービー

お問い合わせ

バルシューレ多摩センター校に関する問い合わせはこちらになります。体験してみたい!どんなスクールなのか?など、どんな問い合わせでもお待ちしております。